So-net無料ブログ作成
検索選択

Symphony No.9 [Documentaly]

昨日、久しぶりにオーケストラを聴きに行ってきた。と、いうのも同僚が第九の合唱に参加するので、会場が近所だから観に行ってきました。

実はベートーベンの第九、全楽章聴いたことはなく、今回が生まれて初めて。現代のCDの74分という枠はこの第九を収められる長さ、という基準になった楽曲です。

会場に入って楽器の並んだステージを見てると、のだめの1シーンが”最後の一音まで”という台詞とともに浮かんできます。ドラマの最終回に、大学で音楽を学んでも、卒業しても音楽を続けられる人が余りに少なくことや、このメンバーで演奏できる最後、というシーンがいつも思い出されるのです。

奇しくも昨日は、アメリカのドラマ「Glee」の最終回が放送され、私の人生に多大なる影響を与え、支えにもなったドラマの、本当の最終回でした。忘れもしない第1話の最後、夢を諦めようとしたある人の耳に聞こえてきた、あの歌。音楽の力を、歌うことの楽しさを教えてくれた、あのシーン。

一瞬、一瞬がとても大切であること、どちらのシーンも大好きで、ある時ふと、頭に浮かぶんです。切なさと涙とともに。

第九の合唱は圧巻でした。200人ほどの合唱団でしたが、例の、よく知ってるメロディーの部分の、爆発的な力、歓喜の歌は歌詞がわからなくても圧倒的に人を支配し、感動させます。これが耳が聞こえないベートーベンが作った楽曲なんて。奇跡としか言いようがありません。

音楽、取り分け声については私もこだわりがありますが、これだけ大人数の合唱、そして楽曲の素晴らしさに感動したのは生まれて初めてでした。この貴重な機会を与えてくれた同僚に感謝を。

そして、最終回を迎えたGleeに、どれだけ感謝しても感謝しきれませんが、ありがとう、と伝えたいです。

(Super)presentation [Documentaly]

先週の木曜日にプレゼンを行いました。人生で3回目のプレゼンでしたが、生まれて初めてのプレゼンは、自分ではプレゼンとは思っていなく、ただ単に5分与えられた時間を埋めればいい程度に考えていたため、しゃべりは思いつきで、最後の最後に噛んでしまいました。

で、人生2回目のプレゼンは英語で。ただしこれもどちらかと言うと資料を読むだけで、内容はよかったと褒めてもらえましたが、結局訴えるポイントが弱かったのか、成功にはいたりませんでした。

そして今回の3回目。1回目ほどお気楽ではいられず、2回目ほど社運をかけた逼迫感はなかったものの、何故かこれは本腰据えてやらなければ、と思いました。それは、自分がTEDを見たり、ジョブズのプレゼンの影響からか、何か良いものを作りたいという気持ちが強かったからなのかも。

とは言いつつも、どこから手をつけていいのかわからず、6日前に出来上がったものは、いろいろ詰め込みすぎてポイントがわからない、と指摘を受け週末にすべて整理して、作り直すことに。ネットをあさり、プレゼンのポイントや基本を読み漁り、1つづつ参考になるものを集めていきました。

まず、プレゼンはバスガイドのように。確かにバスガイドは旅行の始めに場所や時間を述べ、この旅の目的を明らかにしていきます。プレゼンもそれと同じ。これに関しては、自分の仕事をベースに出来るのでイメージが湧きやすかった。

また、わかりやすく、という点に関しては小学校の先生のように、と思ったものの、自分の家族を思い出して、彼らに説明するようなイメージで、原稿とスライドを作りました。45分のプレゼンなので、最終的に9枚もの原稿になり、最終的に方向性が決まったのは、プレゼン本番の2日前でした。

自分なりに工夫したのはコンテンツの繋ぎや補足の部分。これは物語の繋ぎみたいなもんで、考えるのが楽しかった。ただし、プレゼンで一番詰まる部分でもあった。

前日まで何度か練習しましたが、絶対的に暗記に時間が足りなかったため、本番で詰まる部分が何度かでてしまった。終わった後の聴衆のコメントを読むとわかりやかった、という言葉が多かったので、その部分はよく出来ていたのかな、と。上司からも所々に笑いもあって、凄く良かったと褒めてもらえましたが、自分の充足感を考えると人生2回目よりはうまくできたのかな、と。

こういう経験って、やはり重ねていく度に慣れていくのかも、とはいいつつももうやりたくないけどwww



Make a choice [Documentaly]

ここ数週間のW杯狂想曲。

私には楽しくもあり、悲しい数週間であった。
何よりも私自身が何も変わってなかった。

白状すると、試合を直視することが出来ないチキン、である。

日本代表初戦、日曜日。余りにもドキドキな展開に、TV画面ではなく、i podのSNSで試合展開を追っていた。

で、まさかの逆転負けに少なからず、心の中が荒れ狂う大海原に。

第2戦、金曜日。会社で見たいと交渉した言い出しっぺの手前、会社のみんなと見ることに。

この時、初めて試合を見た。結果は引き分け。たが、上に進むには非常に厳しい状況。

週末、体調絶不調だった。だがライブのゲネプロがあったので、そこに集中することで忘れることができた。

第3戦、水曜日。初戦の自身の心境を考えるに、これは時間が必要、とわかっていたので、午前中お休みを貰った。

で、何が原因か分からないが、当日朝はまた体調悪くなり…。結局、TV中継は見れず。

あぁ、私は最後までチキンだった。

恐らく、自分自身でわかっていたのだろう、ここで予防線を張って置かないと、崩れるであろう自分を。

本場前にそんなことは出来ない。

ある意味、W杯より、ライブ、を選択した自分。

偉そうなことは言いません。

ただ、いらっしゃってくださる方達に、楽しんでもらうこと。

それだけに集中する、本場2日前の夜でした。

Спасибо [Documentaly]


勝手にシャーロックシャツと名付けている、お気に入りの紺色のシャツがある。

つい1週間前仕事で、カザフスタンに行き、このシャツを着ていったところ、シャーロック シーズン1の最終話を彷彿とさせる、緊張と混乱、そしてまさかのクリフハンガー。

シャーロックって名付けたあたしがいけないのか?

実は最終的には腹を括るしかない、と覚悟を決めてたけど、最後の最後に、誰かのチカラで助けてもらった。

終わり良ければ、ではないが無事、仕事が終わってホッとしてる。

ホッとしたのか、疲れか、プレッシャーか、ここ数日気分が上がらない。帰国直後、仕事上でかなりガッカリしたことがあり、それが少なからず影響しているのかも。

とは言うものの、カザフスタンでの思い出は決して悪いものではない。いや、むしろ濃すぎて拭いきれないほど。

今回のカザフスタンで忘れられない出来事がある。(1泊3日の弾丸ツアーだったにも関わらず)現地の人達と、ほんの少しだけ触れ合う機会があった。

まず、市内観光の昼食。ユルタと呼ばれる伝統的な遊牧民の住居で、レストランスタッフが、紅茶を入れてくれたのだが、これが旧ソ連領特有の旧式熱湯ポットを使っていて、なかなか面白かった。こちらの茶葉はほとんど胡麻ぐらい粒が小さいものだった。

みんなが紅茶をおかわりする度に、すぐに日本語を覚えたレストランスタッフに、お互いの国の言葉でカップや皿、ミルクを言いあうと、響きが似てることがわかる。大陸って繋がってるんだなぁ、と感じてしまった。生まれて初めてのスパシーバを言う。

でも1番はアイスショーだな。2回目のアイスショー。座席で、おばあちゃんが私が座ってる席の前で、自分の席だ、と主張した時、斜め後ろにいた濃い目の化粧の、見るからにパンク系のロシア女性達が、おばあちゃんにセクションが違うわよ!と言ってくれたこと。ちょっと恥ずかし目のスパシーバ。

次に何故かVIP席でもない一般席で、スタッフが有料のプログラムを無料で配り始めた。貰えるものはもらっておこう、とスタッフに手を挙げたものの、スルーされガックリしてたら、前の席のティーンで金髪のアメリカ人っぽい風貌の女の子達が、余ったプログラムをくれた。2回目のスパシーバ!

3回目は女子トイレを探して彷徨っていた私を、ロシア語ではなく、英語で助けてくれた黒髪アジア系の青年スタッフに、スパシーバ!
因みに全然関係ないけど、私は顔立ちがロシアか、東欧系とよく言われる、だからと言う訳ではないけど、孫と娘と一緒に来ていた隣のおばちゃんにロシア語かカザフスタン語で沢山話しかけられたw 私は適当なロシア語の相づちとゼスチャーで交わしたけどw

カザフスタンは旧ソ連ではあるが、モンゴルや中国は隣だから、モンゴロイドも多い。ただアイスショーの観客達を見ると、不思議なハイブリッド血統がある気がする。

話は戻って最後、極めつけは、仕事で日本語の看板を掲げて待ってた時、アジア系の4人組の家族が目の前に立ち、青年が片言の日本語で、話しかけてきた時、まさかカザフスタンの人が日本語を話すとは思わなかったので、思わずグッと胸熱になった。仕事中だから流石に泣かなかったけど。

今回は一般的には英語が通じない、ロシア語圏で、ミネラルウォーター1本買うにも、ロシア語会話集出す始末だったけど、言葉が通じなくても、気持ちは通うのね!ってことをたっぷり実感した。

早朝にホテル周辺を散歩したときに感じた、英語が通じない異国に来たんだ〜と身震いがした。これは久しぶりの感覚だなぁ。仕事じゃなかったら、感激の涙溢れてるけど。

日程的にも身体的にもキツかったけど、ほんの数時間だけでも、現地の人達と触れ合えて、また助けて貰えて、嬉しかった。

これもまた神様の思し召し。

アイスショーも素晴らしかったけど、観客も、スタッフも素晴らしかった。おかげでカザフスタンは忘れられない国になりました。

Unforgettable [Documentaly]

昨日、約10日間に及ぶ仕事から帰ってきました。12年ぶりの現場で、2ヶ月前に言われた時から、自分を励まし続けてきましたが、なんとか責務を果たすことができました。

出発前の大荒れの天気で、20kgの荷物を抱えて30分以上かけて駅まで移動。とりあえず動いている電車を探して空港まで辿りつくこと、いつもの約2倍の時間がかかり、体力、気力とも限界でしたが、こっからが本番なので、オリンピック選手に自分をなぞらえ、踏ん張りました。

ニューヨークに着くと、こちらも吹雪で初日の観光はほとんど見えず、早めにホテルへ入り、翌日のクルーズに備えました。

で、快晴のニューヨークを出発する際、自分の荷物の積み込みだけを見逃し、気づいたのは船が出港した後。なんとな〜く、ポーターのお兄ちゃんが頼りなかったんだよなぁ。

船室に荷物が届かなくて、ゲストサービスに話しに行く時、ラウンジのピアノマンが弾いていたのが、Unforgettable まさに。自分で思いっきり苦笑してしまいました。

ただ、私の荷物だけのことなので、気持ちはかなり楽でした。たとえ7日間着の身着のままでも。いや、もちろん着替えは船や寄港地で購入しましたがw

船での7日間は快晴が続き、フロリダでもバハマでも、何事もなく無事過ぎていきました。一昨日、ニューヨークへ戻ってきた際、自分の荷物と再会もつかの間、空港へ向かう慌ただしい一日でしたが、なんとか戻ってきました。

仕事を無事こなせて、完璧ではないにしろ、満足していただけて、ホッとしています。

実は出発前、不安で何度も誰かに相談したり、ここに書こうか迷いました。でも、その度に自分に、出来る!と言い聞かせ、最後までやり遂げました。気分はオリンピック選手w

ところどころ、心が落ちそうな場面では、小さなサインが、私を落ち着かせてくれました。

例えば、ニューヨーク。数年前に訪れた地であり、バスが巡るのは私が歩いた道と同じ。また、The Beatlesがまさに50年前にいた場所に、自分が立っているという偶然。船が出港するのは、West Sideで、私のボーカル練習曲の舞台!

そうやって自分自身を盛り立てていったんです。オーランドでは20年ぶりにWDWを訪れ、入場券は私の大好きなドナルドダック!ww

バハマはミック・ジャガー、ニコラス・ケイジ、リチャード・ハリスの別荘が立ち並ぶ、パラダイス・アイランドへ行き、本当はCasino Royalの舞台、オーシャンクラブへ行きたかったんですが、宿泊客しか入れないので、他のホテルを見に。

まさにハイクラスなヨットがうじゃうじゃいる中で、たった一人のお嬢様に15人以上の従業員がお見送りする場面に遭遇。呆気にとられながら見とれてました。他のヨットにへリコプターも乗ってましたがw

全く別の世界、ある意味James Bond映画です、この島は。

実は今朝、本当に偶然にCasino Royalをケーブルテレビで見ました。自分があの島にいたのが、まだ信じられない。

飛行機の中では、Benedictの映画が2本。Glee もあり、船の中の映画も、ホビットやシカゴなど、私の中で少なからず縁のあるものばかり。

でも一番効いたのは、Rock of Ages
船の中の劇場で見たミュージカルで、もちろん最後の曲は、Don't Stop Believin' この歌ほど私に元気を与えてくれるものはありません!この歌を一緒に歌えたことが、個人的なハイライトでした。

のっけから普段とは違う状況で、全てが切迫詰まった中での対応でしたが、終わってみれば、笑い話になる、忘れられない経験でした。
神様、見守ってくれて、本当にありがとう!

journey to Netherland & England [Documentaly]

I woke up at 5am to prepare to leave London.

Look up the dark sky out side of the hotel, the brightest moon shine on me. Suddenly I felt comfort as I'm at home. So it's hardly to leave this town.

This journey's beginning is a lots of unfortunate minor accidents happens until Vienna(Transit) and during cruise.

Things that happens all the time during a travel but not many things like forgot watch, also forgot cable for i pod (found in suits case after all) , battery is out and missed the train.

I was exosted after 18hours flight include transit, finally arrived Amsterdam.

Amsterdam was my first time visit, very familier and comfort me at airport. I don't know why, but I feel something good.

And that was right. A lady at reseption in hotel who was so kindly and gave a very big smile on me!

Only that small thing makes me happy, yes definatly effective. Cheer me up and also had good impression of Netherland.

The city of Amsterdam and Delft were just a beautiful even in poring the rain. If sun light shine, the city change magically beautiful.


image-20140119091804.png


I had half day off for both, to spent a time to place to visit belong to my fav painters Van Gogh and Vermeer.


image-20140119091858.png

image-20140119091940.png


During cruising, I've got sea sick and stomachache at very last night.
I think I can't be a pirates.

And finally I landed England. This entire journey was for future work include crusing, here in London also I had an appointments and meeting in London.

After work stuff, I went to pub to grab some beer and had afternoon tea at Orangery of Kensington Palace and hotel where Princess of Wales stay the night before her marrige.


image-20140119092032.png

image-20140119092100.png


Had a great time in London, like had a little chat with lady in pub and the lady in antique shop who remembered me on second time visit.

London have many play by movie stars starring. I try to get tkt last minutes, but most of them sold out. Only left limited tkt sale exact day from 10am or wait return 1 or 2 hour before show out side of theatre that I had learned.

So if luckily got tkt, meet an actors on the stage and very fortunate, off stage in accidentaly.

One day, I went to theatre (couldn't get tkt) only to take a picture of poster just next to stage door, and then what? The guy in a poster(Tom Hiddleton) the actual guy himself stand behind me! I disturb his way.


image-20140119092128.png

I couldn't say anything, just look at him pass by, nobody expect that kind a thing. So I left the theatre a few step walk to calm down, another guy showed up.

Hadley Frayser is one of best musical singer that I thought, the guy walk in just in front of me! I can't hold myself, try to talk to him.

He was very, very nice guy that I've ever met. He knows what the girl wants! Only minuits or two to chat with him makes me moved. That was most funny and exciting things in this journey.


image-20140119092153.png


You know, sometimes I feel my serendipty works at unexpectedly.

Such as, The rainbow over London city that the moment that I saw, just take my breath away.


image-20140119092214.png


Moon, rainbow and sunshine were can't control nobody. And also timing to meet certain people is can't choose.

All things that I had, tells me something. Something in my mind.

I'm not sure what is it. But my heart already knew what I want most as always. I'll find the sign and follow my inner voice. That is only the way to live my life.


image-20140119092328.png

brizard [Documentaly]

Well, I'm stuck in Baku. I can"t write Japanese. This PC use by hotel's bussiness center to charging my i-pod touch.

Anyway, Here in Baku, Azerbyzian was so windy 65km/h with snow. We reached to airport. Flight was cancelled and the airport was shut down.

So we have to go back to hotel and spend time with member of FAM trip. I just want to remember this. In my life, I had lost baggage, over booking and but not flight cancel and airport shut down, never.

However it was not my personal trip, so that's why I'm releaf and write about this.

Anyway, the weather will be betther than tomorrow, hopefully.

I'll try to spending a good time at 5 star hotel in Baku. ;)

For Good [Documentaly]

L.A.最後の朝も、素晴らしい快晴。2日前にどんよりした時折雨が降るN.Y.から到着した時、ああやっぱりここはいつも晴れなのだなぁ、と思いました。

実は昨日1日、カリフォルニアだからということでサンドレスにカーディガンをひっかけて薄着で出かけたため、案の定風邪をひいてしまい、喉が腫れてしまいました。こちらの人でも長袖のジャケット着てる人もいたのにね~(苦笑

旅の終わりにはいつもセンチメンタルになりがちですが、特に今回はひしと感じます。

あまり多くの人とは話さなかったけど、それでもちょっとした会話を楽しむ余裕はありました。LAでNYへ乗り継ぎする際の空港係員は行き先がNYだとわかると、「Must be fun!」と笑顔で声をかけてくれたし、NYのイベントでレイフ・ファインズ監督の「コリオレイナス」を見る機会があったのですが、トークショーだけかと思ったら、映画を見れることになり、その日のWickedに間に合わなくなる・・・と隣のおばあさんに話すと、後ろの女性もバレエの時間に間に合わない、って言ってたわよ。となんだか同じシチュエーションの人がいてホッとしたり。

L.A.でレンタカーをした際は、出口の係員さんが「日本はどう?」と気にかけてくれたり。また昨日のスタジオツアーでは「Gleeの大ファンなの!」と話すとガイドさんがいろいろ場所を教えてくれたり。自分から話しかけたり、話しかけられたり。

今回は「Glee」の旅でしたが、まるでそれを後押しするように、乗った飛行機の機内エンターテイメント(音楽)にはGleeのアルバムが3枚も入っていたし、Wickedのアルバムも入っていた。もう乗った側からGlee!だった訳です。

N.Y.で会いたかった大好きなChrisに会い、Wickedも見れ、L.A.ではスタジオツアーやロケ地巡りもできた。自分の好きなものに囲まれた旅だったからか、あまりにもGleeの世界に入り込んでいたせいか、離れるとなると涙が出そうになります。

旅の最中も、N.Y.でのChrisのGleeこぼれ話を思い出す度に思わず笑いがこみあげてきたり、逆にChrisの歌声を聴いていると目がウルウルしてきます。特にWickedの「For Good」を聴いていると、透き通ったChrisの声に心打たれます。

Who can say If I been changed for the better?
But because I knew you.
I have been changed for good.

さて、そろそろホテルを出発しなければ。夜のフライトまで、すこしだけ残った時間を満喫しましょう。

Changing Lane [Documentaly]

はぁぁぁぁぁ

溜息から始まってすみません(苦笑

本当に、L.A.のような大都会での車の運転はキツい。

特に私みたいに年に2.3回、たんぼ道を軽トラックで走るような人間にとっては。

相変わらず、5車線のフリーウェイや通常道路でも3.4車線あるL.A.では、一旦レーンに嵌ると、隣のレーンへ移動するのがかなり気を使う。

何度、出口や道を曲がりそこねたことか。そして夜間の運転。本当にこれも神経をとぎすませなければいけない。街灯と黄信号がわからなくなる。

今回のGPSも不調だ(苦笑 前回はいきなりバッテリーが切れたりしたが、今回はもう鼻っからフリーズしている。空港から出たものの、GPSが働かず、空港へ戻るのもひと苦労。

カウンターへ来ていざ変えてもらおうとすると、動き出す(苦笑 で、仕方なく同じGPSを使うもやっぱり突然フリーズしてしまう。

私にとっては一番苦手な大都会での運転。唯一気に入っているのは車だけ(笑

はぁぁぁぁ 再び溜息

確かにロケ地巡りなんかする場合には、特にL.A.は車がないと無理。

あと、残り1日、せめて何事もなく、無事に空港へ着くことを願うばかりです。

すみません。どうしても愚痴りたくて(苦笑

次の記事はもっと明るいネタで。 

24 Hours [Documentaly]

後、24時間を経過すれば、NYを離れることになる。

なんだか、コップに水半分しか入ってない・・・的な悲観な出だしだな(苦笑

でも、本当に寂しい感じがする。だって本当に今回のNY滞在は濃かった。今でも23丁目(フラットアイアンビル)あたりを歩くと、最初の夜の興奮を思い出すし、34丁目(エンパイアステートビル)付近は、アパートがあるところ。57丁目(セントラルパーク近く)は、2年前のAdamのイベントの時に泊まったホテルがあるところ・・・と書いていくとキリがないが、ようやく地図が頭に入って来た頃に、離れる・・というのはよくあることだ(笑

旅にはいろんなことが起こるものだが、期待外れの部分と、期待以上のものがある。昨日はアメリカ自然史博物館では恐竜の展示は素晴らしかったが、剥製に気分が悪くなり、新鮮な空気を吸いにセントラルパークを横断して、反対側のミュージアムマイルへ行こうとしたけど、一瞬深い森に迷こんだような部分もあり、ちょっと怖かったし、行けども行けども出口が見えない感があったし、疲れてた。

その後、夜はGleeをオンタイムで見る予定だったけど、ちょっと時間が空いてたので、今アパートへ帰ったら寝るだろうし(そのおかげで前の夜Mamma-Miaが見れなかった・・・涙)、なのでNYのそこかしこで見かけるネイルサロンへ行ってみた。

マニキュアとペディキュアで39ドルぐらい?だったので試しにやってみたが、マッサージとかつけたおかげで、税金も含めると倍額になってしまった・・・OTL でも、ネイルサロン、本当にみんな気軽に入ってくる、(おじさんも)ここでは息抜き?それともビジネスに必要?なことなのかしら?

食事も旅の醍醐味の一つだけど、私の注文が悪いのか、あんまり美味しいものに出会ってない(涙)唯一美味しかったのはNolitaのCafe Zidaneで食べた焼きパスタ。マカロニにトマト、プロシュートハム、バジル、チーズと乗っていて、これが美味しすぎた!また隣の人が食べてた、トップハットばりにてんこ盛りのクスクスにも惹かれたけどね(笑

意外に楽しめたのが、昨日のMOMAとフリックコレクション。MOMAでは、私の大好きなゴッホの「星月夜」を見れたし、フリックコレクションではフェルメール3点を見ることができた。自分が見たかった絵が目の前にある感動と喜び、ってやはりその場に行かなければ味わえない。

さて、残りの24時間はどうやって過ごそうか。こちらの時間では今朝6時。NYに来たらここへ行こうと決めていた場所もあと残り2箇所。それプラスなにか素敵なことがあれば・・・じゃなくて、自分で素敵なことに出会うために出かけていかなきゃ。ね!