So-net無料ブログ作成
検索選択

Merci, Nico. Merci, Pierre. [tennis]

”Merci”
今朝、駅で”Merci(ありがとう)”と書かれたエコバッグを抱えた女性を見かけた。まるで何かのサインのように。

普段からこんな風に、突然お告げのように何かが現れることがある。答えはすぐに見つかるものもあれば、長い間悩みに悩むときもある。

自然や偶然が教えてくれる言葉やインスピレーションは、だいたい頭が空っぽの時にやってきて、たぶんそういう時にアンテナがピン!と感じるのかも。

今朝の言葉は、”Merci”だったから、デ杯でフランスを応援してたこともあって、シンプルに”ありがとう”っていう意味、人生に感謝、かな?と思ってた。

そして仕事も終わりかけの夜、メールをチェックしたら、twitterからのお知らせが。Pierreが、likeを押してくれてる。

それは、デ杯2日目、ダブルスでフランスが準決勝進出を決める試合が終わった際、Nicoが真っ先にPierreに駆け寄り、抱き締めたあの写真だった。

家への帰り道。その意味を考えながら、涙が出た。

怪我で出場出来ないPierreにとって、観客席から応援することしか出来ない自分に歯痒さや、葛藤があったと思う。

大事な試合に、重圧の掛かった大一番に出れない悔しさ、Nicoが、Julienが、Lucasが、Jeremyが、あんなに頑張って結果を出してるのに。

自分もあそこに立ちたい。国を背負いたい。フランスの、自国の大観衆の前でプレイしたかった。怪我さえなければ。

怪我で自分にはどうにもできない時、悩んで、一生懸命やっても結果が出ない時、誰もが味わうあの心の苦しみを、Pierreも抱えていた。

NicoとJulienが勝負を決めた時、関係者もファンも、歓喜の渦にいた。皆が拍手して、喜びを爆発させて、笑顔でNicoとJulienを迎える。もちろんPierreも興奮して、夢中になって飛び上がっていただろう。

その時だった。NicoがJulien、Yannickと抱擁した後、向かったのは、Pierreだった。真っ直ぐにPierreに向かい、がっしりといつも以上に背中と頭を叩きながら、耳元で何かをPierreに伝えたようだった。

会場にNicoコールが響き、Pierreはそっと抱擁を解こうとしたけど、NicoはしっかりPierreを抱きしめていた。二人の間に言葉はなかったかもしれない。でもNicoの行動が全てを語っている。

ほんの数秒の出来事。映像でもチラっとしか映っていない。だが、誰もが二人の姿に感動していた。

試合から数時間後、デ杯の写真ライブラリーにこの写真があがった。あの瞬間を捉えた素晴らしい写真。二人の想いを汲み取った、心に残る写真。

この写真を見る度に、二人が愛おしくなる。涙が出るほどに。ダブルスペアにずっとはないから、この二人がペアでいる限り、声が枯れるまで応援し続けていたい。

ありがとう、Nico
貴方のおかげで救われたのはPierreだけではないよ。私も救われた。
ありがとう、Pierre
貴方のおかげで私は一生懸けて、応援できる人に会えた。
ありがとう、貴方達に会えて、本当に良かった。


image-20170410230357.png

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。