So-net無料ブログ作成

あの日、あの時、あの場所で [tennis]

「後で振り返った時、あの日、あの時、あの場所にいれただけで幸せ、と思えるように、滞在中は全力でテニスを楽しむつもりです!悔いのないように!」


と、出発前夜にBlogに書いていた自分。


私の生まれて初めてのGland Slam、そしてRoland Garros体験でもっとも幸せだった瞬間と言えば

R4 Stanの試合終了を見届けてからトイレ休憩に出たものの当然ながらChatrierのトイレは激混み、
次にコート6横に行くも同じ、じゃあ、とLenglenまで走って行った。

その後LenglenからChatrierへ向かう道筋で後ろにあるLenglenの大スクリーンで次の試合の見どころをレポーターが話していた。つぎに応援に来ている日本人へのインタビュー。さらにChatrierで選手入場のアナウンスが響く。

そう、あのLenglenからChatrierまでの短い道の間、ずっとNishikori、ニシコリ、錦織、と彼の名前を呼ぶ声に包まれながら歩いたのだ。

それは錦織くんがここまで勝ち抜かなければ体験できなかったこと。
日本人選手が世界第6位で、全仏で、メインコートで試合をしているんだ。
これ以上の幸福があるだろうか。

今あの瞬間を思い出して、噛み締めて、涙が出そうになる。
ちょっと感傷的になっているのかもしれないけど、いいでしょ?

だってあの日、あの時、あの場所は、訪れたのだから。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。