So-net無料ブログ作成
検索選択

Best journey ever! [Documentaly]

実質滞在8.5日、本当に充実した旅だった! 1月のイタリアの旅で事故ったトラウマもあって、ドライブは不安だったものの、日本とほぼ同じということもあり、無事行きたい場所に辿りつけた。

最初に泊まったWattenという村は、それこそ憧れていたイギリスのカントリーサイドそのものだったし、二つのペンバリーも訪問出来た。奇しくも20年前の9/24にBBC版「高慢と偏見」が放送された、という記念すべき年だった。そしてその日、ラグビーW杯で日本が対南ア戦で奇跡的勝利を収め、その日以降、日本人だとわかるとその話題ばかり話されたw

ダービシャーからロンドンに戻り、日本からの友人と落ち合って、シャーロックのロケ地巡りや、バッキンガム宮殿やロイヤルアルバートホールの内覧など、この時期にしか見れない貴重な体験ができ、また1年前から確保していた、ベネディクト・カンバーバッチのハムレットをようやく見ることが出来た。JOJ主演のオペラ座の怪人や、初めて見たビリー・エリオットなど、ミュージカルも堪能。特にビリーはダンスの素晴らしさに、何度もスタンディングオベーション! キャストが素晴らしすぎた!

日本からの友人を見送り、最後は映画「分別と多感」のお屋敷、そしてその近くだったグラストンベリーを訪問後、ウェールズへ。仕事で辛かった時、心の支えになったDr.Whoの展示館へ。最後の日に、ドクターの世界を満喫して、これまた車で30分ほどのシャーロック ロケ地に行き、一路ヒースロー空港へ。

ドライブも終了し、ロンドンでは宿泊先の鍵を失くすというハプニングがあったものの、食事も美味しく、1日意外は天候にも恵まれ、帰国の途へ。これまでの旅の中で最高に楽しかった旅になったのは間違いない!
ありがとう神様!

image-20150926195230.png

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。