So-net無料ブログ作成
検索選択

渡英前に。 [Column]

舞台”Hamlet”を観に渡英する前に一応、おさらいをと”100分de名著”を読んでるうちに、なんかこれQueenの”Bohemian Rapsody”に似てないか?と疑問が湧いてきた。調べると同じように考えてる人も多くて。

ただ、3時間以上の舞台劇と、6分の歌では中身の比較は難しいかな。特に最後の”Anyway, the wind blow”と”Let be”はそこまでに辿り着く物語の濃さが違うからなぁ。

ま、なんとなく気になったもんで。
それよりエリザベス朝時代の考え方の一つに、”今日は気分がよくない、ゆえに雨が降っている”に衝撃。現代の”雨が降ってるから、今日は気分がよくない”の間逆な考えだわ。

でも時代背景を知った上でシェイクスピアは読んだほうが面白いし、納得できるから。舞台はあんまり考えすぎないように、言葉の音を楽しみたいな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。