So-net無料ブログ作成
検索選択

The Night ”Blue” [Column]

青い森、というのはどんなものなのだろう。この陸奥の国の名前の由来は知らないけど、今夜そんな森を見た。

人間の二つの目は本当によくできているから、微妙な色を認識することができる。そして人間の脳はその色を創造することができる。

今日は昼前から雪が降ったり、止んだりしていたが、今夜家を出るときには空に月があった。

20センチほど積もった雪の中、田んぼしかない田舎道を走った時。ぼんやりと朧げな月明かりに照らされた森があちこちに見えた。

雪が積もった木々。空の色は紺とも暗い群青色とも、なんとも言えない微妙な青だった。その色と暗色の森が相まって、私の視覚と脳が”青い森”を作り出した。

耳をすまさなければ聴こえない雪が積もっていく音や、かさかさと風に揺れ枝に積もった雪が落ちる音しかない世界。

そこに身を置いた時、人間の脳は何を感じるのだろう。意識が解放され、見たこともない風景が広がる期待がある。

だがここはマイナス3℃の世界。ずっとそこにいることはできない一瞬の世界だから、儚くかけがえのない時間になっていくのだろう。

人間が自然から受ける印象は千差万別。私はここで生まれ育ったから、かもしれないが、青い森は人間の何か、未知の感覚を呼び起こす不思議な力がある。やはり世界は素晴らしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。