So-net無料ブログ作成
検索選択

料理写真のコツ [Column]

料理の写真ってよく撮るけど、良く撮れた!って思えたことはほとんどない。

で、昨日の写真教室で、フラッシュ焚き過ぎで白いか、自然光で暗いか、テーブルに並べられた全ての皿を入れてしまうとか、色々ダメな点を教えて貰ったけど、とりあえず大切なポイントだけ、書いとく。

と、言っても見たほうが早いんだけど。

これは自然光で撮った、ある日のランチ。まず、机に座った私の目線で撮ったもの。メインとなるキッシュの厚さは分かるけど、机などほかのものが入りすぎ。

image-20141124214319.png


次は角度を変えて上から撮ったもの。お皿の中 に入ってるものは分かりやすいけど、まだ机や皿が目につく。

image-20141124214435.png


で、2枚目の写真を切り取って、全体を明るくした。右に若干紙が入ってるけど、要するに余計なものを排除し、主役であるキッシュが目立ち、かつ同時に皿の上にあるものがわかり(サラダ、スープ、パン)、お皿が白いこと。

image-20141124214533.png


大胆に言うとそういうことらしい。写真を明るくするのは、いまや写真アプリには必ず入っているし、切り取りも然り。沢山撮ってみて、色々試してみるのが一番。

料理の写真がうまくなれば、風景写真も同じ原理だ、って先生が言ってた。要するに配置なんだ、と。

そして写真上達に欠かせないのが、沢山撮ることや、プロの写真を見ること以外に、自分の撮ったものを色んな人に見て貰うこと、だそう。客観的な目も重要だよね。

私はいつも頭でっかちなところがあるから、これからはポイントだけ押さえてやってみよう!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: