So-net無料ブログ作成
検索選択

Summer Sonic 2014 Osaka [Adam Lambert]

さて、今年のサマソニのことを書かなきゃ。

と、思ってもあまりに濃い思い出に、何から書き出していいのか分からない。

サマソニ直後はQueen + Adam Lambertの反響の大きさと熱狂に、自分自身も飲まれていたのと、言葉にできない想いもあった。

写真を観ながら想いを噛みしめる毎日。あの場にいた誰もが感じた感動をどう書いたらいいのか。

最近、書いていないせいか、纏めるのが難しくて。ダラダラと長くなってしまう。

いや、言い訳はよそう。とにかく書こう。(かなり長くなってしまった)

8月16日、サマソニ初日。生憎、大阪の天気は雨模様。とっさに雨対策の服をバッグに詰め込んで空港へ向かう。

電車の中で映画”Dead Poets Society”の詩を読みながら、涙が止まらなくなる。

映画の中に出てくる詩や、言葉は”自分らしく生きろ”という言葉が、これでもかこれでもか、と出てくる。

それを読んでると、自然と涙が出てくるのだ。


Two roads diverged in a wood, and I-
I took the one less traveled by,
And that has made all the difference.

森の中で 道が二つに分かれていた、そして わたしは―
わたしは 人跡の少ない道を選んだ、
それが すべてを違ったものにしたのだ。


大阪ではホテルで友人達と別れ、ひとりサマソニ会場へ。最寄り駅に着くとバケツの水をひっくり返したような豪雨。

自分が雨女だと分かっているから愚痴も出ない。雨対策出来てて良かった、とホッとする。

実は正午過ぎの A Great Big Worldを見たかったのだが、会場に到着したのは半分終わる頃。

だか音が聞こえない。なんだろう?雨の中オーシャンステージへ向かうと、雨のため機材故障でアクトが中止、というアナウンスの最中だった。

ぞろぞろ別会場へ向かう人々の追い越しながら、ステージへ向かう自分。プラチナのブースを見たかったので前へ行って確認してみる。

真ん中より左寄りだが、まあまあ近い(いやかなり近いはずw)そうしている内に、雨の中ずっと待っていたファンに、とA Great Big Worldの二人が再びステージにあがる。

そしてウクレレを取り出し、私が一番聞きたかった歌”Say Something”を歌ってくれた!

たった一曲、いや貴重な一曲を聞くことが出来て良かった!FBで呟くと偶然、同じ会場にいたAdamファンを見つけ、一緒にいることが出来た。ありがとう、神様!

ひとりは気楽だが、一緒に楽しめる誰かがいることは、ひとりで味わうより何倍も素晴らしい、と噛みしめる一日だった。

お目当てのQueen + Adam Lambertは一番最後だから、それまでの間、プラチナラウンジにいることに。大阪のプラチナラウンジは、オーシャンステージが一望出来る場所で、最高だった。

雨で結構ぎゅうぎゅうだったけど、途中で椅子を見つけて、Little Mixや、矢沢永吉、Richie のライブを見ていた。

そうしているうちに、Adamファンもやってきて、嬉しかったのは、”Adam Own My Heart”のTシャツを着てきてくれたファンがいたこと。

これは2010年3月のAdamの初来日を記念してファン有志で作られたもので、実は翌日の東京会場でも見つけて、かなり嬉しかった。

Adam達の出番まであと1時間半ぐらい、のところで一緒に東京から来た友達が会場に着いた、との連絡が。私の代わりに物販でTシャツを買ってくれた。本当に有難い。

その頃の自分はプラチナブースに向かっていたから。その頃には雨もほとんど降っていなかったから、どうか最後までもって欲しいと願っていた。

Avrilが終わり、次のQueen + Adam Lambertの準備が念入りに行われる。本当にそれを見てるだけでも、ドキドキ、ワクワクしてくる。

2年前、単独アクトでAdamが来た時は音の悪さが色んな所に悪影響を与えていたから、凄く心配だった。Avrilのマイクがあまりに酷かったし。

だからスタッフ総出の準備は、どれぐらいかかっても待つつもりだった。本来であればQueenのロゴ入りの幕はオープニングに合わせてたち落とされるものだが、風のせいで早々に撤去された。

パフォーマンスに影響が出ないように、とのことだろう。それにバックステージのQの中にロゴが映し出された時の歓声を聞けば、立ちっぱなしの辛さなど吹き飛んだ!

そして、ついに待ちに待ったQueen + Adam Lambertが!フェスのアクトだから、全米ツアーより曲数が減ることは分かっていたけど、お喋りを極限に減らして次から次への歌の連続、それも誰もが一度は聞いた、あの有名な曲を、Adamの声で!

途中、また大雨が降ってきたが、そんなものを誰も感じてないほど、素晴らしいパフォーマンスだった。

私は2年前の夏、ロンドンで彼らのライブを見ているが、北米ツアーを経て、明らかにこなれた感があった。

初めて聴く”I was born to love you”は、Adamの嬉しそうな表情と声に、再び恋しそうになった!し、日本のみんなが待っていた”手をとりあって”からの”Love of my life”はBrianから”一緒に歌ってくれる?Freddieのために?”の言葉と、曲の最後に現れたFreddieの姿に号泣。

おかげで片目のコンタクトがズレ、後半あまり見えなかった。でも私も嗚咽を抑えるの大変だったけど、隣の女性は肩を震わせて泣いていた。

大好きな”Somebody to love”やソフトな歌い方でオッ!と思った”Who wants to live forever”は、大阪限定。

ラストの”Bohemian Rapsody”から、”We will rock you””We are the champion”の圧巻の流れ、畳み掛ける音と、声に観衆の大合唱と、体と手を揺らし、大団円で終わった、雨の大阪。

振り向くと、Adamファンの友人達が目を真っ赤に腫らし、ある友人はぼーぜんとしていた。これらの表情を見れば、このショーがどんなだったかわかる。

Adamファンにとって、このショーがどんな意味を持つのか。QueenとAdamの関係は、切っても切れないもの。この幸せな関係を自分達の目で見ること、体感することは、至福の時であっただろう。

雨上がりの空に金の紙吹雪が舞った情景を思い出す時、私達は夢が叶った瞬間と、忘れることの出来ない一時を振り返り、顔に笑みと胸に満足感が広がるだろう。


image-20140824231118.png

image-20140824231136.png

image-20140824231156.png

image-20140824231346.png


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

tikitiki

ごきげんようピょルさん
こちらにコメントするのは随分ご無沙汰していました(^o^;)
東京で〃Adam Own My Heart〃を着ていたのは私です!って他にもいたのならなお、嬉しいです(*^.^*)
私は毎回アダムTシャツを買うか迷い結局買わないので、あだTは〃AOMT〃tシャツのみなんですよ(*_*)でも、こうなったら来日の度に着てユニフォーム化します(* ̄∇ ̄)ノ
サマソニへの想いはピョルさんと同じなので省略…と上から的な感じですみません
m(。≧Д≦。)m本当は文章がまとまらないんです…www
博士&ロジャーがアダムの才能を見抜いてくれたからQueenAdamが実現した。アダムの若さが博士&ロジャーをワールドツアーへのパワーを生み出し、日本にフレディーを連れてきてくれたんだーと感動しちゃいました。
また、いつかライブで一緒に盛り上がりましょうね!



by tikitiki (2014-08-25 00:54) 

ピョル

tikitikiさん、こんばんは!

コメント、ありがとうございます!

東京参戦されていらっしゃったときいて、お会い出来ず残念でしたが、あの時間を共有できたこと、嬉しいです!

おっしゃる通り、あの感動を言葉にするのは至難の技w 私も長らくそのままにしておりましたが、やはりどんな言葉であっても残すべき、と書いてみました。

これから東京編を書くので気長にお待ちくださいw
by ピョル (2014-08-25 01:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。