So-net無料ブログ作成
検索選択

Musical Night [Vocal]

image-20140629234741.png


昨日行われた”That's Nanchatte Musical Night”
無事、終了しました。

約36名のお客様を迎え、実質1時間半のライブでしたが、楽しく終えられて、良かった。

このミュージカルナイトのメンバーで始めるキッカケは、H先生という個人指導のボーカルの先生に習っていたIさん、Sさん、(総合司会の)Mさん、と私の4人が、同じ先生の元、コーラス部を通じてお互いを知り、昨年のGWに先生が辞められる際に、折角習ったことを発表する場を作りたい、と思ったことがキッカケです。

で、Iさんが以前習っていらした、別のボーカル教室の仲間達、Kさん、Yさん、(ピアノ伴奏もできる)Yさんも加わり、今回の歌い手達が決まりました。

そして、伴奏のOさんが加わり、お花は友人に、MFYサロンのSさん、ゲネプロでSさんのタップダンスが入り、Mさんのバルーンアートが入り、完成しました。

ちょっと長くなりますが、自分のパートを振り返りたいと思います。



All That Jazz : オープニング
直前の練習でストッキングに穴2箇所w
Chicagoの舞台は、場末のバーだ、そういうシチュエーションだから!って思い込んだ。
第一声が低い声で、かつ震えてる。
振り付け覚えたのに、恥ずかしくて全然やれなかった。

”この曲は4starsとGleeでやっていて、カッコいいー!やりたーい!から始まった曲”


The Rose
1番がちょっとアガってしまった。
次回はもっと広がりのある歌い方をしたいな。

”たまたまカラオケで歌った時に、Iさんがハーモニーをつけてくれて、初めて合わせた割に、ほぼ完成形に近かった曲w”


Don't Stop Believin' : 第一部ラスト
私個人の所謂18番の曲で、声が出なくて焦った!w

”私にとってのAnthem。アダムのいたAI8や、Gleeでの思い出深い曲。確か2年くらい前に、今のライブメンバー達と初めて出会った日にKさんと歌った曲でもある”


intermission(休憩)
飲み物サービスのこの時間に友達と話し出来たのが、一番良かった!これでリラックスできたから!
The Rose良かった!DSB乗ろうかどうしようか迷った、など感想が嬉しかった。
なお、後から伝え聞くところによると第2部は、お客様もお酒が入ったからか、ノリが良くなったみたいw 持ってきたワイン2本、全部はけて良かった!


Let It Go
ピアノとズレちゃったけど、気にしない。
超テンポ早かったw
最後のnoteは過去最高の出来??

”ソロ曲については、実は本番一ヶ月前まで、同じ歌手のもう1曲と悩んでました。で、メンバーの声と世間の人気に押され、この曲にw”


Hail Holly Queen : 第2部ラスト
これも最初、声が出なくて。
でもアレンジの部分でなんとか出来たかな?

”コーラス部での曲。早くからラストはこの曲、で決まってました”


Seasons of Love : アンコール
最後がすごく早くなっちゃったけど気にしない!序盤、音がわかんなくなってますw

”コーラス部でやった曲。GleeではFinnとのお別れの曲でもあった、第1部ラストの曲がDSBだったことを考えると、感慨深い”


ご覧のとおり、元々ボーカル始めたキッカケはアダムであり、Gleeなので、幸運にも私のバックグラウンドに沿った選曲になってます。

当日は雨が降っていたこともあって、湿気でストッキングが履けない!なんてことがあったり、暑さで飲み物を飲み干して、直前にコンビニ走ったり、合計2リットルぐらい飲んじゃった。本番直前にワインのコルクが抜けなくて焦ったり。16色投光器が案外使えなかったり。

あと歌ってる最中は案外、冷静で。
声が出てないことがわかると、次の部分では意識して腹から声を出すようにして調整できたこと。
お客様の顔は一切観ずにww 階段あたりを見てた。ライトがチカチカしてるのはThe Roseの時、分かって修正したし。
レッスンで習ったことをちゃんと実践できた部分も、忘れて出来なかった部分もあるけど、概ねOK w

ボーカルを習い始めてから、お客様の前で歌うのは生まれて初めてだったこともあり、どんな印象だったのか知りたかったのですが、あまり時間もなく。


でも、色々あって楽しかった。

今回のメンバーは、まるで奇跡のような繋がりで生まれたメンバーで、歌でこんな風に繋がって行くなんて、と改めて絆、というか出会いに感謝し、メンバーやお手伝いしてくれたスタッフの皆さんに、心からお礼を申し上げます。

また、雨の中、わざわざ時間を作って来てくれたお客様にも感謝を。

それから、私の不躾なお願い聞いてくれて、自費でお花を活けてくれた友人に、ありがとう。こちらも真剣な作品で素晴らしかった。

そして…

再び降り出した雨の中、荷物を背負って真夜中過ぎに帰宅した私に一通のメッセージが。


見に来てくださった方の一人で、ライブ終了直後、”感動した!”と言ってくださり、その意味を書いてくださった。


読んでいて、胸が熱くなって、涙が出ました。

もう、その言葉だけで満足。

報われた、と言うか、私の夢が叶った、というか。

実は歌を習うなりに密かな目標があって、まさにそれを言葉にしてくださった。

本当に心から嬉しかったし、また励みになりました!ありがとうございます!


長々と綴りましたが、ここまでお読み頂き、ありがとうございます。

また何かの機会に、歌えれば。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。