So-net無料ブログ作成

Special Preview Night [Benedict Cumberbatch]

昨夜行われた、Benedict Cumberbatch舞台挨拶付の、Star Trek Into Darknessのスペシャルプレビューに行くことが出来ました!

あの場所に行けたのも、全てユニバースのおかげ。ユニバースって総称してるけど、まさに神頼みでした。本当に、この瞬間、この場所に、いる、ということは何重にも重なった偶然や必然、そして自分の強い想いと行動があって、作られた時間なんだなぁ、と。

昨年のBenedict初来日時、成田に行けた時も、お友達のおかげで、でもカメラを通しての彼だったから、どうしても自分の目でみたかった。

昨夜のスペシャルプレビューは、全部で3回あり、のべ1300人が見たとの発表ですが、、各回でいろいろあったみたいですね。(初回は3日後の誕生日を祝う、ケーキセレモニー、2回目は不明ですが)、私は仕事の都合で、最後の回へ。

前の方の席で、普段、映画を見るには辛い席ですが、(実際そうだった)舞台挨拶を見るには、最高の席でした。最前列の席は空けられていたので、私が座った席が一番前ということになり、まさか!のBenedict至近距離?

スクリーン左手の前方のドアが開かれ、Benedictの影、細身で長身、くるくるした髪が見えた時も、まだ信じられなくて、会場に現れた時も、信じられなかった。感情が凍りつき、何も考えられない状態。ただ、目の前にBenedictがいる。ほんの2m先に。何にも遮られない位置に。

舞台挨拶なるものを初めて体験しましたが、最初の挨拶までは写真OKと言われ、i pod touchしかなく、しかも慌てて、カメラのアングルを自分側に設定してしまい、四苦八苦してるうちに、カメラタイムが終わりに近づく、という笑いたくても笑えない状況に。なんとか撮れた数枚も、ボケてて。はぁぁぁ。

だが、私は自分の目で見ることを、心に決めていたではないか!そうだ!と自分に言い聞かせ、Benedictのお話しを拝聴することに。

左手にマイク。右手はポケットにいれ、右足の膝をちょっと折りながら、会場全体を見回しながら、朝からのインタビュー、TV出演、記者会見、3回の舞台挨拶の疲れを感じさせず、私達の敬愛するBenedict Cumberbatchが、そこにいました!

私はA4サイズのメッセージボードを持ち、何度か振ると気付いてくれて、何度か優しい目でアイコンタクトしてくれました。

実は会場に来るまでCabin Pressureを聴いていたので、低いBenedictの声に、あぁ、やはりこれが彼の声なんだなぁ、としみじみ。自分の耳が信じられませんが。

映画について、自分は(2009年の映画)出ていないので、最初にキャスト達と仕事した時は、学校初日みたいに緊張した、とか。

お昼の記者会見では、インターネットの威力というか力を感じた。俳優はカメラが回った時に、セリフを忘れてしまったり、自分が裸にされたように、瞬間的に悪夢を見るけど、今日の会見での最初も、そんな感じで、自分の名前を言うのが精一杯で、すぐに椅子に座った、って話してくれたり。

また、ファンの方が持参した雑誌Geekのハリソンの表紙にえらく感激して、ファンの子から借りてしみじみ見てた。j.j.も表紙を飾ったこともあり、昔ならGeekはオタクって敬遠されてた言葉だけど、今は違うってね!って。(Sherlockなんか典型的だもんね!)

会場のファンからの質問は、一つだけ、と言われてたけど、Benedictは最終的に、3つも答えてくれた!どれも長い答えでw

でもね、緊張して喋れないファンに、自分も質問する時は緊張するし、深呼吸して。僕も同じ空気を吸ってるんだよ。って、逆に緊張過多になるじゃん!←なんて罪な奴。

質問に対する答えは、うろ覚えで恐縮ですが、(だって長いんだもん!←そんなとこがみんな好きなんだけど)

Benedictは、質問者が最初、日本語でこんにちは、って言った後で、こんばんは、って言い直したら、そうだね、そんな時間だもんね、って。ちゃんと違いをわかってたよ!←すげー。

好きな映画の"タイトル"は?って質問してるのに、好きな"映画"を語ったBenedict ブレードランナーに、2001年宇宙の旅、パリ、テキサス。に、まだあと5個ぐらい喋ってたけど、(なんとかwingとか、勿論スターウォーズも、とかボガートも好きだよ、とか)一番ビックリしたのは、雨に唄えば!←最近見た中で私の一番のお気に入り!思わず、あたし貴方のために歌うわ!って言いそうになった!

誕生日には何が欲しい?の質問に、欲しいものより、親しい友人や家族と誕生日を祝いたい、と言いつつも、ゴルフクラブwと。でも本当はゆっくり休みたい、って。たぶん誕生日だから、休みをくれると思うけど。って。 ←話が止まらないんだよ。

欲しい、ものより、必要なもの、の話しをしてくれたんだが、覚えきれなかった。ごめん、いい話だったのに。

浴衣を来て来られたファンに、その花柄は何?って聞いて、紫陽花と答えると、菊かと、思った。うちのママは、ベランダに紫陽花を植えてるよ、色は…って、本当、話止まらないんだけどw これは緊張して喋れないファンの子を落ち着かせようと、Benedictがずっと喋ってたの!←この心遣いが泣ける

最後の質問は、Benedictお勧め、ロンドンのレストランについて、これはマンダリンオリエンタルホテルにある、"Dinner" by Heston Blumenthal ディナーって名前だけど、ランチもできるよ、朝食はわからないけど、(なにやら液体窒素を使ってなんでもアイスクリームにしちゃったり、メニューもいろいろ喋ってた!日本ではそんなに知られてないことを知って、彼は日本に来るべきだな、って。

で、質問タイムが終わると、まさか!まさか!の一緒に映画鑑賞のお知らせが!ひぃぃぃぃ←(ムンクの叫び)あり得ないっしょ!そんなこと!同じ空気吸ってる、って考えるだけで倒れそうなのに!まだ2時間以上も同じ場所にいるの??

Benedict曰く、この作品はデカイスクリーンで見るべき作品で、自分は2回見たけど、大きいスクリーンで見るのは、これが最後かな?って!そんな貴重な機会をご一緒させていただけるなんて!

twitterで見た、周りに座った方達の情報によると、スクリーン2.J列18番のシートに座り、両側にスタッフが。用意されたキャラメル味のポップコーンとビールを飲みながら、日本人が笑わない場面でも豪快に笑い、お喋りしながら見ていたそうな。自分のシーンには力が入るらしく、前のめりで見てたかも、と。香りが凄く良かったって。ありえない。

大スクリーンの中にいる本人が、観客席で生コメンタリーいれてるなんてさ!どう考えても、あり得ないだろ!!

エンドロール中にBenedictは退席したみたいで、ポップコーンの箱とビールのカップが席に残されてた。ファンのみんなはそれを写真に撮ってた。誰も取ることなく。そこにBenedictがいたんだ、という淡い残像とともに。

はぁぁぁ。なんて、夜だったんだ!映画の最初の方で空腹でお腹が鳴っちゃったけど、終わって帰る頃は、心地よい夜風に、このまま風に吹かれて歩いて帰れるかも←無理w なんて思っちゃうほど、幸せな気分でした。

本当に、本当に、神様に感謝!

Benedictに感謝!

ありがとう、ありがとう、ありがとう!!

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 3

uk

とても詳細なレポをありがとうございました。読ませていだだいて、とても幸せな気持ちになれました。
by uk (2013-07-20 22:27) 

ピョル

noel様、こんばんは!nice!ありがとうございました!
by ピョル (2013-07-20 22:55) 

ピョル

uk様、初めまして!コメントありがとうございます!

長い長い話しを読んでくださってありがとうございました!
by ピョル (2013-07-20 22:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。