So-net無料ブログ作成
検索選択

4starsの舞台 [4STARS]

初めてその舞台を目にした時は、真っ黒な闇の中に高さの異なるブースが、むき出しの黒の鉄骨で支えられていて、そこにオーケストラが配置されて、また電光掲示板が斜めになって上からぶら下がり、赤い4starsの文字が流れていた。

一目見て、カッコいいー!まるで、ミュージカル"Company"の舞台みたいだ!って思ってたら、後で読んだ、演出家のダニエル・カトナーのインタビューで、実際に"Company"初演の舞台をイメージして作ったらしい!(私は最近のトニー賞でしか舞台は見てないけどw)

舞台上に、ほんの少しだけ段差のあるステージの一部があり(←この意味が最後までわかんなかったw)オケの両脇にも一人用のバルコニーみたいな舞台があった。

今回のショーを指揮するのは、音楽ディレクターのフレッド・ラッセン。ステージ左手のグランドピアノを前に、ジャジーで美しい音色を紡ぎ出す。実際に会ったフレッドは、メガネの気のいいお兄ちゃん!凄く気さくな方でした!twitterでもお返事くれたし。

で、今回は袖の他にゲートのようなものが中央と右手にあり、そこから歌い手が登場する時の、バックライティングが、ゾクゾクした!もう、オペラ座なんて、マジで怪人の亡霊か!っ思った。

今回の舞台、私はいろんな角度から見る機会があり(上から下からw)特にライティング(照明)に関しては、素晴らしかった!

普段なら、ライティングなんて気にしないのに、今回に限っては、歌に適した、歌い手を引き立たせ、場面に合ったライティングがあったからこそ、感動が何倍にも膨らんだと思う!

演出や、アレンジも凄かったが、私が一番最初に感動したのは、このライティングだったもの!

Act1:オープニングナンバー、Chicagoからの"All that Jazz"のミラーボール、南太平洋からの"魅惑の宵"での美しい夜の青。

Act2:レミゼの序奏での革命を予感させる、せり上がるライト、と"Bring Him Home"での夜空、ミス・サイゴン"命をあげよう"のこれからキムの身に何かが起こるような真っ赤なライト。

そして、秀逸だったのが、Last Five Yearsでの、"Still Hurting" 。この二人芝居では、キャシーが窓辺で、ジェイミーを思うシーンに、本当に窓から差し込む夕景の光のように、床には窓枠の影が見え、回想側のジェイミーは、ブルーの四角い淡い光の中に、まるで色褪せた写真みたいに。

とにかく、本当に素晴らしい舞台セットと照明だったのですよ!

って、また本題に入る前に、セットの話かよw って思わないでくださいね。

本題に入っちゃうと、止まらないのは分かっているし、泣いちゃうだろうし、もう少し、4starsの世界に浸らせてw
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。