So-net無料ブログ作成
検索選択

Cafe de Satie [Jornal]

ゴールデンウイークあたりから、急に仕事が忙しくなり、まさに家と会社の往復だけの生活が、ここ2週間ばかり続いてます。

今までは、日曜日になれば、ボーカルスクールがあり、そこで気分転換が出来ていたのですが、先週の同僚の不幸もあり、よくまぁ、自分でも、もっているなぁ、という感じです。

そんな中、以前お友達から誘われていた、ピアノコンサートに昨夜行って来ました。

金曜日の夜、週末前ということもあり、案の定、仕事が押して、30分遅れて会場到着。第一部もほぼ終わりに近づいていました。

全く知識もなしに行きましたが、何から何まで新鮮で、しかも後から調べたら、そうそうたる方々が出演してるではありませんかっ!

いやはや、お友達の交流の広さに、脱帽です。

元々、最初の目的は、このコンサートが開かれた場所を見に行くところから始まったのですが、またしても、最近ご縁がある、純日本風建築の内装!でありながら、実は、外国の方がデザインされたお家でした。

場所は、根津美術館の裏。表参道駅から歩いて来る途中、何度も何度も、ここは一体日本なのかっ⁈と目を疑うような景色が広がり、恐る恐る伺ったのが、E.カニングハム記念 青少年音楽協会 MFYサロンでした。

外から見るとまるっきり普通の一軒家なのですが、中は、障子、襖に囲まれた天井の高いサロンになっていて、壁には写楽の大首絵が飾られている(余談ですが、このサロンの目の前の土地は、昔、海老蔵の家があったとか)ところに、部屋いっぱいの、約30人ほどのお客様がいました。

でもそこに見たこともない、木製の小ぶりなグランドピアノ(ベーゼンドルファー)があり、サティについての本や、CDも出している、ピアニストの島田璃里さんが、その日がお誕生日のエリック・サティを弾いていました。

第一部もほぼ終わりだったにも関わらず、サラバンド、ジムノペティ、グノシエンヌと、サティの代表曲とも言える曲を、生で聴くことが出来ました。
休憩では、ガレットとロゼワインが振舞われ、バレリーナの方達が給仕をしてくれました。

第二部は、サティの子供のための音楽に、サティが書いた?良い意味で意味不明?な言葉が読まれ、またサイガバレエのバレリーナさん達による、マリオネット風の踊りをこれまた目の前で見ることが出来ました。

実は、このバレエ体験が一番印象に残っていて、手が届く範囲の、本当に目の前で踊るバレエを見た経験は強烈なものでした。

サイガバレエの主宰者でもある、雑賀さんは、今回の振り付けは勿論、朗読や、はたまた休憩時の、ガレットまで手作りで提供されていて、とても80歳を越えていらっしゃるとは思えない若さ!

ピアノとバレエのサロンコンサートなんて、生まれて初めての体験でしたが、独特な場所の雰囲気もあり、実に忘れられない経験でした。

誘ってくれたお友達に、大感謝!
ありがとうございました!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。