So-net無料ブログ作成

No Day But Today [Vocal]

1年と10ヶ月通ったボーカルスクールの先生とも今日でお別れ。

歌を習いたい、と思ったタイミングで、たまたまスクールを開校したばかりの先生に、Twitterで偶然フォローされたのがきっかけで、体験レッスンを受けたのが、2011年の7月。

Gleeのように楽しく歌いたい!という軽い気持ちから始まったものの、とてもリラックスして、笑いながら、歌わせてもらう、という先生の教え方が、心地良かったので、続けて通うことになりました。

私はオーディションを受ける訳でもないから、レッスンには楽な気持ちで望んでいたけど、歌に嵌るにつれて段々真剣になってきた。

このblogでも習った感想を書いていたので、読まれた方もいらっしゃるかもしれませんが、課題は沢山あったし、先延ばしにしたものもありますが、継続はチカラなり、少しずつ成長していけたのでは、と思います。

今まで10曲以上、歌いたい曲を歌わせてもらいました。ニューヨーク行った時に見た、Wickedの曲をやったり、先生が進めてくれたレミゼ25周年DVDに嵌り、ロンドンのウエストエンドで見るつもりで、レミゼの曲を集中してやったり、ファントム25周年DVD見て、クリスティーヌの高音の曲に挑戦したり。

段々声が出て来るに従って、以前歌った同じ歌でも全然違う歌に聴こえるほど、になってきました。

たまに先生もレッスン中褒めてくれても、自分ではいつも納得できなかった。(求めるレベルが高すぎる?w

でも、先生のblogにも登場して、自分を客観的に見れたことは良かった。(いつでも見れるように、携帯にコピーしてとってあるw

毎回レッスンを録音していて、たまに一瞬、おおっ!と自画自賛する瞬間が出てきたり、でもそれはあくまでも主観だから。

歌が上手くなりたい!一心ではあったものの、頭でっかちな私は、身体で覚えて行くことに不慣れで、自分の不甲斐なさに落ち込むことはあっても、全てのことが、今に繋がっており、無駄なことは一つもなかった。

昨日、友人が教えてくれた言葉。
『銘肌鏤骨』
深く心に刻むこと、習ったこと全ては、肌にしみこみ、骨に刻まれている。

先生のモットーは、楽しく、自由に、個性をいかした歌い方を目指すものだった。まるでGleeの教室でMr.Shueに教えてもらうみたいに。

こんなに楽しく習える機会は、もうないんじゃないか?と思うと寂しいが、待ってるだけじゃなくて、自分で作りだそう!

今日のレッスンの最後に、歌のプレゼントを用意した。

先生の好きな言葉。
"No Day But Today"

今を大切に生きる、ことを信条とする先生へ、この歌を贈ろうと思った。

結果は、途中声が震え始め、歌詞を忘れ、10%もやりたいことは出来なかったけど、(おまけに録音忘れた、苦笑) 最後は、笑顔で握手してお別れでした。

言葉では言い表せないほどの、心から感謝を込めて。毎回、毎回、楽しかったです!

ありがとうございました!

新しい世界でも、楽しく、笑っていきましょう!

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

SACHIYO(サッチー)

先生とお別れ・・・
寂しいですね。偶然の出会いから歌を始めるって素敵・・・

うちの娘は中高と演劇、大学から急にショークワイア?gleeみたいなサークルに入って毎日英語の曲を必死で覚えています。
先輩が先生替わりなので本格的とはいきませんが・・・かなりはまってます。
先生に認められるってすごいですね。先生も教え方や励まし方が上手なんですね。
私はシナリオをかれこれ八年習っていますが、エンドレスなので今は、サボってばかり・・・情熱があった頃が懐かしいです
by SACHIYO(サッチー) (2013-04-28 16:29) 

ピョル

SACHIYO(サッチー)様、こんばんは!コメントありがとうございます!

娘さんがGlee部に!そして、SACHIYO(サッチー)様が、シナリオを習っているなんて、素敵じゃないですか!

情熱は、また湧いてきますよ!焦らず、今出来ること、したいことをやって行くうちに、また戻ってくると思います!
by ピョル (2013-04-28 22:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。