So-net無料ブログ作成
検索選択

Vocal Intensity [Vocal]

久しぶりにレッスンで難問にぶち当たりました。いや、前からの課題だったかもしれませんが、言葉を変えて、目の前に突きつけられた、と言うか。

それは『声圧』

素人の私が感情豊かに歌おうとすると、歌詞がブツブツ切れて聴こえるらしい。それは言葉、いや母音によって前に出る音と、引っ込む音がある、らしい。

本人のあまり自覚していないところで起こっているので、試しにレッスンの歌を聴いてみると、確かにところどころ、一部聴き取り辛い。

言われた通り、同じ力で歌詞を歌う(棒読みに近い)と、歌詞ははっきり聴こえる。ジレンマだ。

そもそも『声圧』って何よ?って調べるも、対したものが出てこない。類似語で『音圧』ってあったので、調べると…。


音圧をあげると迫力があるように聞こえる。音の上下幅が整うため、聴きやすくなる。

だが、音の幅がなくなると、ダイナミクスさがなくなる。不自然。奥行感、空気感が消える


ここで言う『音圧』とは、バンドやアンサンブルなどで異なる楽器の音色のことで、でも声だって楽器なんだから、一理ある。

読んでて苦笑したのは、『音の緩急があり過ぎて、聴こえない』の下り。まさに、今日の私。

うーん、全てはバランスなんだよなぁー。力強く、それでいて情感豊かに歌うって、プロでも難しいんじゃないかな。←と言い訳してみる。
残りのレッスンでどこまで行けるか、後は自分次第!
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

noel

初めて聞いた言葉です。
歌や声の世界も奥が深いです。

by noel (2013-03-25 10:26) 

ピョル

noel様、こんにちは。nice!とコメントありがとうございます!

私も初めて聞く言葉でした。歌って意外に見えないテクニックが沢山あり、それらを駆使してプロは歌っているんだなぁ!と気づきました。
by ピョル (2013-03-25 12:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。