So-net無料ブログ作成
検索選択

Q.V. [Vocal]

声質。Quality of Voice.
声の性格のほうがピッタリくるかもしれない。こんなことを考えたのは、MUSEのLive後のこと。

ボーカルのマシューの歌い方がたまにU2のボノに似ていると話したことがきっかけだった。話した友達曰く、耳にくっつく、と言うような言葉を言われ、あぁ、粘着性ね!と即座に返した私。イギリスアーティストは特にそう、と友人。

こんな話をした後、気になってしょうがなかった。声に粘着性?と、ググってみても、はっきりした答えは見つからない。それは生まれつきの声質なのか、テクニックなのか?

声質を調べていて、全然違うことだが、The Beatlesのジョンとポールの歌作りのblogに出会った。歌作りに関しては、ポールは貪欲に新しいものを取り入れ、これがきたら、こう来る、みたいなものを自然に歌作りに活かしていた。ジョンは自分の声が嫌いだった。でも逆にジョンの声ほど、感情が迸り、まるで崖っぷちにいるような、ギリギリ感に溢れ、それがために心を掴んで離さない、みたいな話だった。

私は、これに素直に賛同する。初めてジョンの歌を意識したのは、Help!での追い詰められた感だったし、Twist & Shoutの、あのジリジリするザラつきのある声だった。

そして、今日Adeleが何故こんなに売れてるのか調べてたら、ジョンと同じようなことが書かれていた。つまり、歌だけで勝負する、という退路を断つ、崖っぷちの切迫感が半端ない!と。

ジョンもアデルも、感情のパワーが迸る歌い方だし、実際感じる。やはり歌と言うのは感情をどれだけ込めれるか、だと思うし、基礎が出来ての表現なのだ、と今日のレッスンで学んだ。

簡単に見えるけど、細部がどれだけ重要か。透き通るような、でも真っ直ぐで芯のある声を目指すには、まだまだ道の半ばなのだなぁ。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

ピョル

noel様、nice!ありがとうございました!
by ピョル (2013-01-26 18:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。